無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 入園式 | トップページ | 取れないゴミ »

2017年4月14日 (金)

エネモービルな日々16(鳴き2)

またパパチャリこと、エネモービルのブレーキが鳴き始めた。

20170413b
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

まあ、今回のは普通に走っているときには気づかないのであるが、速度が出ているときに左ブレーキングをすると「ギ・ギ・ギ・・・・」と嫌な音を出すようになってしまった。

20170413c
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

自転車の左ブレーキは後輪のブレーキである。
安全に停止するには後輪ブレーキの制動が極めて重要だ。
その要となる部分に異音が発生している。

20170413d
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

エネモービルの後輪はローラーブレーキだ。
以前に鳴き修理を行った右のリムブレーキとは異なるタイプである。

20170413f
Panasonic DMC-GX8+Leica DG Summilux15mm/1.7

鳴きの原因として、おそらく雨の日以外はほぼ毎日通勤チャリとしてフル稼働しているためグリス切れと思われる。
ここ最近の桜撮影に急坂を頻回利用したのも原因かも知れない。
いずれにしても何とか対処せねばならない。

20170413g
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

調べるとローラーブレーキでも自分で対処出来るようだ。
このタイプはグリスをブレーキ内に注入するのだという。
と言う訳で一本購入する。嫁さんのママチャリにも使えるので100gにした。

20170413h
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

まずはブレーキ外装にあるゴムパッキンを外すらしい。
ここから内部のブレーキ機構にグリスを注入するのだという。

20170413i
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

ブレーキにグリスというのも何であるが、まあ機構上は問題なさそうなので押し込んでみた。
後輪を回転させながら注入するのだという。
どれだけ入れるのかよく分からないが、入れすぎるとグリスが縁からはみ出てくるらしいので程々のところで止めておく。

20170413j
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

パッキンを元に戻して終了である。
暫く走って左ブレーキを何度か確認したが、異音は消えてくれたようだ。
左ブレーキはチャリの安全走行の肝なので、メンテナンスはしっかりやっておきたい。

20170413k
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

しかしパパチャリも細かいところがずいぶん汚れたなあ。
明日、少しキレイにしてあげましょうか。

20170413l
Panasonic DC-GH5+Leica DG VarioElmarit12-60mm/2.8-4OIS.

今のシーズンは桜吹雪がスゴい。
桜の木の下で作業したら見る見るチャリカゴへ花弁が溜まっていく。

« 入園式 | トップページ | 取れないゴミ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エネモービルな日々16(鳴き2):

« 入園式 | トップページ | 取れないゴミ »