無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 梅雨入り 2017 | トップページ | αという選択肢(レンズ編) »

2017年6月 9日 (金)

スラブ配筋

来週からコンクリートを流し込むそうな。

20170609a

今回はスラブ配筋だ。

キレイに規則正しく設置された鉄筋が美しい。
スラブと聞くと新幹線の高架上床板というイメージを持っているが、まあそれに近いものがあるのも知れない。

パネルで覆われた空間に対して覆うという意味でのスラブなのだろうか。

20170609b_2

断熱材のスタイロフォームの切り口からパネルが顔を覗かせている部分が写真の右端に見える。
ここはコンクリートで塞がないのであろうか。

となると塞がなければコンクリート打設後に中の空間が覗ける?

« 梅雨入り 2017 | トップページ | αという選択肢(レンズ編) »

コメント

こんにちは。
ちぇりたさん、すっかり建築の工程に詳しくなってしまいましたね。
まったく畑違いのお仕事のようにお見受けしますので、今回の建て替えので興味を持たれたのでしょうか。
私もこういうのをみるのは好きなので、ベストポジションで見られてちょっと羨ましいです(^_^)。

型枠が見えているところは梁型の横?
床スラブは点検口があいているみたいですね。ちゃんと補強をされている
ので確実な工事をされていると思います。

工事現場は何を施行しているのかが分かると面白いですよ。
連続してみていると尚更です。

どろんこ遊びに夢中だった童心の頃を思い出します(笑)

SAKURAさん、こんにちは。
お返事遅れて申し訳ないです。

これは点検口でしたか。
中に入ってみたい気もしますが、内部空間は結構大きいので落ちたらホイホイと同じで出られなくなりそうなので辞めておきますね。

現場は危険がいっぱいですが面白いですねえ。
ワクワクします。
娘との積み木遊びの安定感向上に活用出来そうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スラブ配筋:

« 梅雨入り 2017 | トップページ | αという選択肢(レンズ編) »