無料ブログはココログ

ana

  • ana

« Vario-Tessar T* FE 24-70mm/F4 ZA OSS(スペック) | トップページ | αプレミアムキャンペーン »

2017年7月29日 (土)

Distagon T* FE 35mm/F1.4 ZA(スペック)

コンパクト化されたシステムを作り上げようとF4ズームを主力に持ってきた訳であるが、やっぱりフルフレームならば明るいハイスピードレンズも欲しくなる。
特に高感度に特化したa7SIIならば尚更であろう。

20170729a

と言う訳でチョイスしたのは焦点域35mmのハイスピード単焦点、Distagon T* FE 35mm/F1.4 ZAである。
何気に使いやすい35mmであったし、何よりキヤノンのEF35mm/1.4L II USMのインパクトが強かったのでFEレンズでも同スペックのレンズを選択した。

20170729b

サイズは78.5x112mmとDSLR版とさほど変わらない。
重量も630gと堂々たるものだ。
レンズそのもののデザインはシンプルすぎるかなあ。

20170729c

レンズ構成は8群12枚。
非球面2枚に、高度非球面レンズ1枚と3枚の特殊レンズが組み入れられている。

20170729d

フィルター径は72mmとDSLR版とさほど変わらない。
また絞り羽根は9枚と奇数枚で構築されている。

20170729e

鏡胴の作りは上質でスバラシイ。
ピントリングも安っぽさはなく、上品で適度な重さがある。
インナーフォーカスなのでAF時に鏡胴の伸長は見られない。

20170729f

マイクロフォーサーズで見られるパナソニック製のライカレンズ同様に絞りリングがある。
1/3段毎に変更が可能である。

クリックをなくしてスムースな絞り変更を可能にする切り替えボタンもある。
動画時などに役立つだろう。

因みにAF/MF切り替えスイッチはレンズには存在しておらずボディ側で行う。
ソニーレンズは全てそうなのかと思ったが、EマウントGレンズにはAF/MF切り替えが付いているものもある。Eマウントツァイスだけなのかな?

20170729g

最短撮影距離は30cm、最大撮影倍率は0.18倍である。
他社フルサイズ同スペックレンズとだいたい同じくらいだ。

20170729h

高級レンズであるがフードは起毛でなく、梨地・・・と言うよりはさらに目の細かいサテン様の内壁だ。
まあ光源の内反射抑制に対しては効果があると思われる。

20170729i

レンズそのものはDSLRとさほど変わらないものの、ボディが小さいので相対的に巨大レンズとして見えてしまう。

実際にホールドするとそれなりに収まるのであるが、フロントヘビーになるので片手持ち撮影はやや苦手であろう。

35mmというハイスピード単焦点対しては愛用していたキヤノンのEF35mmLIIに軍配があがるが、Eマウント専用レンズなのでa7SIIとの組み合わせ・使い勝手は上々だ。

懸念していたRIIとのAF速度の差もそれほど気になるモノではなかったので、これからハイスピードレンズという利点を活用してどんどん撮影していきたい。

20170729j

ただソニーのハイスピード単焦点には、Nikonやキヤノンの同レンズ群たちと異なりこのシリーズのレンズを持っているという自覚感があまり湧かない。
ZAのシンボルマークも目を引くほど大きなモノではないし、デザイン的にシンプルすぎるような気がする。

これには個人的な嗜好が絡んでいるのでなんとも言い難いモノがあるのだが、せめて焦点値くらいは大きくエンボスされたモノでないと瞬間的に数値がわかりにくく感じてしまう。
全般的にソニーのレンズは焦点値の数字が小さすぎるのではないだろうか。

« Vario-Tessar T* FE 24-70mm/F4 ZA OSS(スペック) | トップページ | αプレミアムキャンペーン »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Distagon T* FE 35mm/F1.4 ZA(スペック):

« Vario-Tessar T* FE 24-70mm/F4 ZA OSS(スペック) | トップページ | αプレミアムキャンペーン »