無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 夏の伊豆下田2017 帰宅 | トップページ | 赤いサンダル »

2017年8月19日 (土)

最後の清流荘

まあ、色々あったのでもうここの宿は最後にしようかなあと思う。

20170819a_3
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

子連れ旅行としては、この宿にプールがついているので非常に便利であったが、嫌な思いをしてまで宿泊するお宿ではない。
プール付きお宿は場所さえ変えればいくらでも見つかるだろう。

20170819b
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit8-18mm/2.8-4

娘は海を希望していたので再び黒船号である。
あたちはお船じゃなくて泳ぎたいのヨと駄々をこねるが、今回は海水浴を対象に来たわけではないので何とか取り繕って誤魔化した。
もう、この船に何回乗ったかなあ。

20170819c
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit8-18mm/2.8-4

この日は運良く曇り空。
晴れていたら洒落になっていなかっただろう。

20170819d
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

目玉であるカモメの餌付けもこの日は駄目だ。
近づいてくるのはトンビばかり。
怖いのう。

20170819e
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

途中、歩いて下田駅まで戻った。
帰り際の国道脇に富士ホテルという廃ホテルを息子が見つけた。
ツタが部屋の中まで入り込んでいる・・・・。
雰囲気出てますねえ。

20170819f
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

下田は何度も来てるのでもう見るものがあまりない。
なので最近は午前中のイベントが終わり次第に東急の上にあるファッションセンターしまむらで娘の衣類を購入し、その後に網元料理に直行するのが定番だ。
我々は何のために下田に来ているのか・・・・。

20170819g
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

食事後は宿に戻ってプールというパターンもルーチン化されている。
こうして好きなだけ遊ばせておくと・・・・。

20170819h
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

後は夕食時まで勝手に寝てくれるので親としては非常に楽である。
部屋の一室に布団を常備置いてくれたのは本当にありがたかったなあ。

20170819i
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

食事は海鮮主体で結構美味しい。
板前さんも何回か変わったので色々楽しめた。
一度、京都の板前さんがいらしたらしいのだが、かなり薄味で金目鯛料理としてはアバンギャルドに楽しめたことも。

20170819j
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

最終日は列車の発車時刻まで、いつもの吉田松陰ロードの探索である。
ここは足湯も入れるので探索後に足を癒やせるのがスバラシイ。

20170819k
Oylmpus E-M1 MarkII+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

この日は真夏の晴れ日となったのだが、私以外汗ふきタオルを誰も持っていなかったので、その一枚を巡り激しい争奪戦になった。

今度から人数分用意しておくか・・・・。

« 夏の伊豆下田2017 帰宅 | トップページ | 赤いサンダル »

コメント

こんにちは、いつもブログを拝見しています。

清流荘の話が出てきたので初めて書き込みさせていただきます。

もう、20数年利用していませんが、私も子供の頃からよく家族で宿泊しました。温泉プールが、印象的ですよね。父が、好きな旅館のひとつでした。

今回、お気持ちを害したことがあったとのことですが、伊豆の老舗の高級旅館やホテルもこの20数年で経営が大変で、経営者が代わったところが沢山ありますよね。サービスの質や料理などの味が、落ちたところが実際にあると感じます。

無理もないのかなとも思います。不景気続きで、利用者が減っているのですから。私なども自分の家族を連れて行くことは、結構大変です。父が、自分達にしてくれた時代とはお財布事情が違います。

今回は、残念でしたね。お気持ちを察します。私なども普段そういう嫌な思いをすることが結構あります。サービス業では、当たり前のホスピタリティは最低限持ってもらいたいですね。

私は、フィルムカメラばかり使っていますが、デジタルは最近はDfとPEN-Fを使っています。このお盆の家族旅行には、PEN-Fを持ち出しました。最近のお気に入りのカメラです。

PEN-Fさん、こんにちは。
清流荘のユーザー様でしたか。
20数年前までご利用されていたというと、一番良い時代を過ごされたのですね。

まあ、こういう事は話すと長くなるので割愛しますが、新しいところで心機一転厄落としでもしようかなあと。
私は車を手放しましたので、基本電車と徒歩圏で子供が楽しめるところを探そうと思っています。
これも旅の楽しみの一つですね。

フィルム機現役ですか。
スゴいですね~。
私もライカR7でも一つ持っておこうかなと考えています。
レンズは・・・・そうですねえ、35mm/2.8か50mm/2あたりが欲しいですねえ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の清流荘:

« 夏の伊豆下田2017 帰宅 | トップページ | 赤いサンダル »