無料ブログはココログ

ana

  • ana

« 画力2 | トップページ | 晩夏の終わり »

2017年9月10日 (日)

オジサン

先日は嫁さんが出かけているので私が娘の面倒を朝から見ていた。

私はまだ寝ぼけ眼のためベッドの上でグダグダしていたのだが、先に起きて絵本を見ていた娘から突然驚きの言葉が発せられた。

「お父さんてオジサン?」

20170910a

かなり衝撃を受けた一言だった。
娘のニュアンスから質問は否定的なイメージを感じる。
確かに最近白髪が一気に増えたのでそう感じるのも仕方がないのかも知れない。

これは返答如何によっては娘がショックを受けるのではないかと思い、シミュレーションしてみることに。

Yes →父はオジサンだったのか、ちょっとショックー

No →オジサンみたいだけどオジサンじゃないのか、フーン

うーん、「No」の方が無難ぽいが、いつも娘にウソをついてはいけないよと話している手前、露骨にウソを言うのもなあ・・・・。
それにもし理由を聞かれた場合は返答に窮する可能性もなくはない。

取り敢えず正直に話してみた。

「お父さんはオジサンだよ」

娘はジッと私の目を見ながら「本当にオジサンなの?」と聞き返してきた。
ググッ!これは・・・・意外な返答だ。・・・・地雷か?
ここまで言ってしまったのだ。仕方あるまい。

「そうだよ、お父さんはオジサンなんだ。いい訳がましいけど、まだおじいさんにはなっていないオジサンなんだよ」

「フーン」

娘は納得したのかしないのか、取り敢えず絵本を読んでくれとせがんできた。
お父さんは娘の心中を知りたくて仕方がないのだが、3歳児に根掘り葉掘り聞くのも何なので平静を装って絵本の朗読をすることにした。

20170910b
Panasonic DC-GH5+Leica DG Vario-Elmarit12-60mm/2.8-4OIS.

うーん、どういう意味だったのだろう。
一応その後の娘の対応に全く違いが見られないことから、あまり意味はなかったように思えるのだが・・・・。

« 画力2 | トップページ | 晩夏の終わり »

コメント

子供のたわいもない質問に一喜一憂ですね~
私にも記憶があります。三番目の娘さんだとちぇりたさんの不安が
読み手には結構、面白く写ります。。(笑)

きっとオジサンの定義が彼女たちの年齢にはいろんな部分である
んでしょうね。

男兄弟の中で育ってきたせいか、どうも女の子の扱いに振り回されるみたいです。(笑)
同年代頃の息子たちを思い返すと、スタートダッシュというか女児の方が吸収がかなり早いですね。
男児は後半追い上げという感じでしょうか。

娘の一言に振り回される日々はまだまだ続きそうですねえ。
直にどっしり構えられるようになるのでしょうか・・・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オジサン:

« 画力2 | トップページ | 晩夏の終わり »