無料ブログはココログ

ana

  • ana

« FE24-105mm/F4G OSS(スペック) | トップページ | 虫の音 »

2017年11月29日 (水)

ZEISS Loxia 2.8/21(スペック)

ソニーのEマウントフルサイズに対応する広角21mm単焦点レンズである。

今までは僅かに広角が強いTOKINA FíRIN 20mm/2FE MFを愛用していたのであるが、標準ズームのFE24-70mm/4ZA OSSと一緒に持ち出すと、FíRIN 20mmの予想外の大きさ使いにくさに辟易してしまい、何とかならぬものかとウンザリしていた。

先日のFE24-105mm/4G OSSを引き取りに行く直前に、ちょうど中古のLoxia21mmを見つけてそのコンパクトさに惹かれ引き換え購入となった訳である。

20171129a

20mm→21mm、F2.0→F2.8というダウングレードを覚悟しつつ、不足金を支払うというちょっとマゾ的な要素のある購入だったが個人的には【ある程度】納得している。

20171129b

美しいデザインを持つレンズである。

サイズはø62x72 mm、重量は394g。
見た目コンパクトな割に結構ズシリとくる。

FíRIN 20mmに比べると一回り小さく100g程軽い。
まあ、あちらは一段明るいのでそのくらいは当然だろう。

20171129c

レンズ構成は9群11枚。
特殊レンズはEDガラスが4枚、非球面レンズが1枚の計5枚が用いられている。
レトロフォーカスデザインとのことだとか・・・・。

20171129d

このレンズはフードを外すと比較的平らな前玉とフィルター取り付け枠が現れる。
最初デザインを見た時にフード一体型と勘違いしていたので、どうせガラスモールド形成なので保護フィルターは無理だろうなあと勘違いしていた。
嬉しい誤算である。

20171129e

フィルター枠はお財布に優しいø52mm。
最初間違えてカメラ屋さんでø55mmを購入しかけてしまった。
指摘されて気がついた。ありがとう御座います。あぶないあぶない。

絞り羽根は10枚。
偶数なので光条は10本出ることになる。

20171129f

鏡胴の質感は金属製でヒンヤリとしている。
さすがZeissと言わしめる高精度研削の塊である。

ピントリング、絞り環共に金属製である。
インナーフォーカスなので距離による鏡胴の伸長は見られない。
適度なトルク感はさすが高級レンズと言わしめる感覚を持つ。

気になる最短撮影距離は25cm、最大撮影倍率は0.12倍。
まあ標準的な感じである。

20171129g

絞りリングは動画用にクリック感を消す(デクリック)ことも可能だ。
マウントバヨネット面の調整ネジで切り替える。NikonのAFカップリングのようだ。

20171129h

マウントバヨネットの電子接点を保護するためにシーリングが施されている。
鏡胴部分はどうなのだろう。
恐らくだがレンズ本体は防塵防滴にはなっていない様な気がする。

20171129i_2

フードはバヨネット式の花形だ。
なんと驚いたことに金属製である。

オマケに内面は大好きな起毛タイプで内反射防止を図っている。
スバラシイ・・・・。

20171129j

TOKINAのFíRIN 20mm/2に比べるといいことだらけのLoxia 2.8/21に見えるが、やはりいくつか問題が見えてきた。

20171129k

まずはレンズの取り付け外しが行いにくいことだ。
レンズ鏡胴の大半をピントリングと絞りリングで占められているために、レンズを回転させようとするとリングが一緒に動いてしまうことだ。

リングを回しきってから回す方法もあるが、ライカRレンズでコレをやると鏡胴が緩んでレンズユニットが抜けてしまった嫌な思い出があるので、恐ろしくてチャレンジ出来ない。
Zeissはこのあたりの事を考えてレンズを組み立てているのかなあ?
フードを外して回そうとしたが、ピントリングがレンズ先端まで包まれていることに驚愕した。(笑)

自分としては僅か5mm幅ほどの被写界深度指標が記載される僅かに残った【本当の鏡胴】を摘まむが如く掴んで回している。
だいぶガッチリ掴むことに慣れてきたが、エンボスの数字が擦れそうで怖い。

20171129l

次に、F値の変更が絞りリングのみで、カメラダイヤルからの変更が一切関与出来ないことだ。
最初は冗談かと思って、最大F値22に合わせてみたりカメラ内部の設定を色々いじってみたが、どうやら冗談ではなくZeissは本気で絞りリングのみでのF値変更を推奨しているようだ。

まあ、"本来MFレンズは斯く在るべき"と言いたいことも分かるが、このお値段のレンズなのでもう少し融通を利かせてくれると嬉しかったですねえ。
レンズデータを送る意味もあるのでしょうが、電子接点は飾りかとぼやきたくなりそうです。

20171129m

まあ、それでもコンパクトでZeiss Distagonの写りをする広角レンズということなので非常にテスト撮影も楽しみである。
これで星景写真も撮りたいですねえ。

Zeiss Loxia 2.8/21mm

スペック
テスト撮影

« FE24-105mm/F4G OSS(スペック) | トップページ | 虫の音 »

コメント

Loxiaは他のユーザーさんのページでも使われる方が多いですね。
ソニーだと、AFが使えるのかしら??..
ちぇりたさんじゃないんですが~めっきり目が悪くなって、MFは自分には
無理かな~と残念な状況に。。(笑)
本当はそうじゃないんですよね~ 大きさと重たさ、ここのところずしーんと
感じるようになりました。写りをとるか、携帯性をとるか。
これは永遠のテーマですね。年はとりたくないです。(笑)

このレンズには残念ながらモーターが組み込まれていないので、さすがに念力でもないと自動では動きませんねえ。
DIYなレンズです。

私も老眼を意識するようになってからはMFはあまり使わなくなりましたねえ。
このLoxia2.8/21は星景写真にも使おうと思いますのでMFでもいいかと。
また広角ですから被写界深度も大きいのでピンずれも影響小ということで(^^)

でもきっと暫くしたらAFのBatis 2.8/18を購入してしまうかもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ZEISS Loxia 2.8/21(スペック):

« FE24-105mm/F4G OSS(スペック) | トップページ | 虫の音 »